アピナボウル > よくある質問

よくある質問



Q.ボールを曲げるにはどうすればいいの?


A.プロボウラーやうまい人は、ほとんどフックボール(右投げの人の場合左に曲がってゆくボール)を投げています。 では、なぜフックボールを投げるのでしょうか? 「かっこいいから」という人も中にはいますが、フックボールだとストライクの出る確率が高いからです。

左の図を見て下さい。これは上から見たボールの進行方向と回転方向を示しています。 多くの初心者がボールを曲げようとするとき、ボールを横に回す(ひねる)動作をしています。 そのように投げるとこの図のように、まるでコマが回るように真横(水平)に回転がかかった球質になってしまいます。 これでは、ボールが水平に回転しながらレーンの上を滑っているだけなので、ボールはほとんど曲がりません。 「曲げようとしても曲がんない」理由は、この球質のせいです。


では、どうしたら曲がるボールが投げられるのでしょうか?

左の図が理想的なフックボールの回転です。上の図と比べると、ボールの回転が進行方向に対して縦(垂直)かつ斜めになっているのが解りますね。 レーンとボールには摩擦がありますから、この図のようにボールに回転を与えて投げてあげると、 ボールがピンに近づいていくにしたがって徐々に左に曲がってゆきます。

このようなボールを投げるには・・

ボールを投げる瞬間に腕をひねるのではなく、ボールを前後に振るときから、 左の図のように親指が10時~10時30分の位置になるようにして投げてみて下さい。 もし、余裕があるのであれば投げる瞬間に中指と薬指にちょっと力を入れて(この二本の指で引っ掛けるようにして)みて下さい。 すると・・・あれあれ・・・?何だかボールが左に曲がってゆきますよ~。
ちなみに左利きの人は、親指が1時30分~2時の位置になるようにして投げてみて下さいね。 曲がるボールでストライクがとれたときは、気持ちのいいものです。とりあえずここで説明したように練習して 曲がるボール(曲げるボールではありませんよ!)に慣れてみて下さい。 いつ投げても同じ曲がりになってきたら、さらにその上のステップがあります。

Q.真っ直ぐよりカーブをかけた方がピンは倒れやすいの?


A.「フックボールだとストライクの出る確率が高い」と言いましたが、あくまでも確率が高いだけのことです。
プロボウラーでも全く曲がらないストレートボールを投げる人もいるくらいですから、 高得点を出すためには必ずしもボールを曲げなければいけないということはありません。

Q.投球動作は何歩で投げればいいの?


A.アプローチ(助走)の歩数・タイミングは、人それぞれしっくりくるか来ないか違いますので一概に「何歩が良い」とは言い切れませんが、 代表的というか一般的な「4歩助走」と「5歩助走」についてご説明します。 まあどっちでもかまわないんですが、大まかに言って、
●4歩助走:正確なコントロール重視
●5歩助走:パワー&フック重視
とでも考えれば良いでしょうか。
まず、4歩助走と5歩助走の足の運びとタイミングの図を見てみましょう。

図1: 4歩助走


図1: 5歩助走


右投げの人の場合4歩助走は右足から、5歩助走は左足からになります。 図の中の「黒い足」はボールを持ってアプローチにたったとき、「青い足」は助走しているとき、 「赤い足」はスライドしている時を示しています。 タイミングの取り方は、その人にしっくりくるもので良いと思いますが、
●4歩助走:タン・タ・タ・タン
●5歩助走:タン・タ・タン・タ・タン
というタイミングを練習すれば覚えやすいと思います。
こうやってみると、4歩助走の方が5歩助走よりも前から(ファールラインよりから)投げることになるのがお解りいただけますか? 5歩助走の方が後ろから投げることによってボールのスピードもついてパワーのあるボールが投げられる事になりますね。

足の運びが判ったところで次に腕を振るタイミングですが、腕を振る最初の動作としてボールを前方もしくは斜め下の方に押し出しますよね? これを「プッシュ・アウェイ」と呼びます。 4歩助走の場合は、1歩目とプッシュ・アウェイを同時に、 5歩助走の場合は、2歩目とプッシュ・アウェイを同時にするようにタイミングを取ってみて下さい。 最後のスライドの時点で腕の方が早く出過ぎると感じた場合は、プッシュ・アウェイのタイミングを少し遅めに、 腕が追いついてこないと感じたらプッシュ・アウェイのタイミングを少し早めにして調整してみて下さい。

まずは、4歩か5歩かを決めて、自分のタイミングをつかむことが大事です。 自分のボウリングスタイルを考えて練習してみて下さい。走り書きのような説明でしたが(^_^;)参考になれば幸いです。 また、わからない事がありましたら遠慮なくご質問下さい。

Q.ストライクを3回続けてとることを、ターキーといいますが由縁はなんなんでしょうか? 綴り(スペル)も教えて下さい。


A. ある文献に「ストライクを3回連続して取ると、七面鳥を贈って栄誉を讃えた」とありました。このことから、ストライクを3回連続で取ることをターキー(turkey)と言うようになったようですね。
昔は、ボウリング設備は現在のように整っていなかったのでしょうし、レーンだって平らではなかったり、ボールも真っ直ぐに転がってくれるようなものではなかったのかも知れません。ですからストライクを3回連続で取るのは大変なことだったのでしょう。 しかし、現代のボウリング場でターキー出したからって何かくれるところって少ないんでしょうね(^_^;)

A.ボーリングってカナダが発祥の地と聞いたことがあるんですが、本当ですか? 曖昧なので教えて下さいm(_ _)m


A. 紀元前7200年のエジプトの古墳からボウリングの原形と考えられる木製のボールとピンが発見されたという記録があります。 このボールとピン、ロンドンの博物館に展示されているそうで、現在確認されている最古のスポーツ用具だと言われています。

12世紀に入るとヨーロッパで盛んになり、中でもドイツでは、最初はキリスト教信者の宗教儀式の一つ(ピンを邪悪なものに見立ててボールで退治する儀式)として始まり、 やがてゲーム性が強まってポピュラーなゲームとなっていったそうです。

ボウリングのルールや規格を統一して、正式なゲームとして確立させたのは、宗教改革で有名なマルチン=ルターです。 ルターは、大のボウリング好きだったそうで、ピンの数を9本に定めるなど近代ボウリングの基礎を築いたと言われています。

今となっては、ピンの数が10本というのが一般的ですが、中世のヨーロッパでは"9本"が主流だったんですね。 ちなみに現在でもヨーロッパでは「ナインピンボウリング」として9本のピンで競技されています。

Q.一度ガターになったボールが跳ね返ってピンを倒した場合は得点にカウントされるのでしょうか?


A.まず、答えとしては得点にカウントされません。 ボウリングの得点は、レーン上のボールによって倒されたピンの本数によりカウントします。 ガターは、レーンの両サイドにあるものですのでボールが一度ガターに落ちたらその瞬間に得点0となるわけです。 それだけではありません。ピンが立っている場所(ピンデッキ)の奥には、ボールやピンの衝撃を吸収するための「リヤークッション」があるのですが、 このクッションからボールが跳ね返ってきて倒したピンもカウントの対象になりません。 ちなみに、クッションからピンが跳ね返ってきて倒したピンはカウントの対象になります。 つまりレーン上のボールでピンを倒した後、ピン同士であればどんな倒れ方をしても得点になるわけです。 余談ですが、一度倒れかかったピンが他のピンによって立ってしまった場合、ボールや他のピンによって立っていた場所から移動してしまった場合は、 立っているピンと見なされます。また、これらのピンが機械によって倒れてしまった(マシンタッチ)場合は、 倒れたものと見なされずその直前に立っていた場所に再配置することになっています。