アピナボウル > ちょっと変わったゲーム集

ポーカーボウリング


まずは、ちょっと変わった「お遊び要素」。盛りだくさんの楽しみ方をご紹介します。

ボウリングでポーカーを楽しみ、相手チームと競う面白いゲーム。 「かけひきの妙」もあったりして、大いに盛り上がります。

ゲームの進め方

使用レーンに合わせてチームを編成し、それぞれのチーム内で投球順番を決めてください。 勝負は1ゲームです。


このゲームで使用するスコアカードは、上のような専用のフレームチップです。

試合の進め方は簡単です。5フレームまでは各チームとも投球順番に従って投げ(1人1フレーム)、 フレームチップにスコアを記入してください。6フレーム目からは、ポーカーと同じ役作りを考えながら、 1フレーム追加毎に不要と思われる1フレームを棄てていきます。

このように常に手の内に5フレーム分を残すかたちで、10フレーム分投げます(10フレームも2投のみ)。

ポーカーボウリングの役は次のとおり。相手チームとのかけひき、自分のチームの実力、運などを考えて役づくりを進めてください。 くれぐれも欲張りは禁物ですゾ。


ボウリングの役

1ペア・・・同カウント同スコアのフレームが1対。
※同じスコアでも1役目と2役目のカウントが違っていればペアとみなしません。
(例)

×
×


2ペア・・・同カウント同スコアのフレームが2対
3カード・・・同カウント同スコアのフレームが3対
フラッシュ・・・各フレームの合計点が5枚とも同じ
(例)


ストレート・・・各フレームの合計点が並んだ場合。
(例)


フルハウス・・・1ペアと3カードの組み合わせ
4カード・・・同カウント同スコアのフレームが4対
5カード・・・同カウント同スコアのフレームが5対

★【1.】よりも【2.】が、【2.】よりも【3.】が強く、【8.】が最も強い。
★同じ役の中ではスコアの高い方が強く、スコアも同じ場合は第1役目のカウントが高い方が勝ち。
★0点のフレームチップは使えません。なお故意のガターはご法度。

はてな?ボウリング


1ゲーム分(10フレーム)投げ終わるまで、スコアが何点になるかわからないという「はてな?ボウリング」。 個人戦でもチーム戦でも楽しめますが、パーティーでは1チーム2~3人のチーム戦がいいでしょう。

ゲームの進め方

このゲームでのスコアカードは、下のような専用のフレームチップを使用します。 スタート前に各チームに対して、同フレームチップを1ゲーム分(1~9フレ用9枚、10フレ用1枚)配ります。

1~9フレ用 10フレ用


試合はふつうのボウリングと同じように進め、各フレームのカウントをフレームチップに記入していきます。 ただし、各フレームとも記入するのはカウントだけで、合計点は記入しません。
(例)

記入しない


チーム戦で行う場合は、予め各チーム内で投球順番を決め、1人1フレームずつ順番に投げていってください。

1ゲーム分投げ終わったら、各レーンとも、10フレーム用のフレームチップを残し、あとはすべて裏がえしてまぜます。

混ぜ終わったら、各レーンの代表者が右どなりのレーンの裏がえしになったフレームチップに1~9の番号を任意に記入。 いちばん右端のレーンの代表者は左端レーンのフレームチップに記入してください。

もうおわかりですネ。各レーンとも記入された番号に従って左から順番にフレームチップを並べ、スコアを計算しながら記入。 どのレーンがいちばん高いスコアをマークしたか競うわけです。 # ボウリングは、スペアやストライクの後の得点いかんでスコアの高低が決まります。 ひょっとしたら当初のスコアより高くなるかもしれないし、低くなるかも・・・・・・。 そこを相手まかせで、さあ、どうぞ。

じゃんけんボウル


ボウリングがうまくても、じゃんけんをして勝たなければ投げれないという「クヤシー」ゲーム。 グループで楽しむパーティ・ボウリングには、うってつけです。

ゲームの進め方

参加者を2~4組に分けます。5組以上でもやれなくはありませんが、じゃんけんに時間がかかり間のびしてしまいます。

組分けをしたら、各チームとも投球順番を決めます。
投球順番が決まったらゲームスタートです。
まずは、各チームの第1投球者が集まってじゃんけんをします。
このゲームでは、じゃんけんに勝った人だけが投球でき、負けた人は投球できません。勝者は、じゃんけんに勝った優越感をにじませておもむろに投球。 敗者はこれをじっと見守るしかないのです。 投球が終わったら、第1投球者はそれぞれのチームの最後列につきます。
次は第2投球者の番です。以下同じように、じゃんけんをして勝った人だけが投球するというパターンでゲームを進めていきます。
じゃんけんボウルのゲーム終了は、一定の時間を決め、その時間内にどのチームがいちばん高い得点をマークしたかを競うか、 あるいはどのチームかが1ゲーム分に達した段階でゲーム終了とする、のどちらかです。
参加者を3組以上に分けて楽しむ場合、じゃんけんの勝者が複数になるケースがあります。 この場合はもちろん勝者はすべて投げれるわけですが、別の方法もあります。 それは敗者が1人になるまでじゃんけんをして、その敗者1人を除いて勝者全員が投げれるというやり方です。 皆さんでお好きな方法をお選びください。

タッチボウル


「タッチボウル」はボウリング・パーティの最後を飾るメイン・イベント。 「楽しさ」と「全員参加」と「ふれあい」を大事にしたオリジナルゲームです。

ゲームの進め方
進め方は簡単です。パーティの参加者全員で投球順番を決め、1レーンだけを使って1人1球ずつ投げ、 そのスコアを用意した「コングラチュレーション・カード」に記入していくだけです。でも約束ごとが2つあります。
ひとつは、投げ終わったら、次の投球者と必ず「手と手」でバトン・タッチすること。
もうひとつは、どんなに悪いスコアでも、コングラチュレーション・カードに 自分の名前とその投球についてのコメントを書いていただくことです。
つまり、このコングラチュレーション・カードは、寄せ書きをする色紙のかわりとなっているのです。 こうして次々とタッチボウルを続けていきますが、人数が少なければ2まわり、3まわりをし、 パーティのフルメンバーでお祝いの1ゲームを構成。 投げ終わったら、コングラチュレーション・カードに日時、会場を明記し、主役の方に記念品として贈呈します。 きっと、心あたたまる懐かしい思い出となってのこるはずです。